FXはギャンブルではなく投資

FXはギャンブル的な要素があると思っている人は多いようです。 また、実際ギャンブル的な投資を行って痛い思いをしている人も少なくありません。 確かに、FXというのは為替相場が上がるか下がるかで利益もでれば、損失も出ます。 まるで半か丁かの2分の1の確率のギャンブルをしているようなイメージがあるのも不思議ではありません。 しかし、本来FXは決してギャンブルではありません。 ギャンブルではなく、様々な分析手法を用ながら、為替相場が上がるか下がるかを予想して投資する資産運用のひとつです。 この相場の分析ができないと、ギャンブル的な投資のようになってしまうこともあるかもしれませんが、きちんと相場分析を行うことができるようになるなら、ギャンブル的な要素はだんだんと姿を消していくことでしょう。 また、FXで重要なリスク管理もきちんと行うなら、なおのことギャンブル性は影を薄めます。 リスク管理とは、損失を常に最小限に抑えることです。 たとえ損をしても、さらに損失を拡大させないために、一旦決済し、取引を止めることもします。 これがギャンブルだと、損を取り戻したいがために、ずるずる損失を拡大させてしまこともあることでしょう。 きちんと相場分析を行い、その分析にしたがって売買をすること、そしてリスク管理を忘れずに行い、たとえ損失が出てもルールに従って一旦取引を終了することも厭わないこと。 これをきちんと繰り返していくなら、やがて利益が出る方法がつかめるようになると思います。